クイズ++


« 「リポビタンD」は、ベトナムでは・・・? | メイン | 世界一大きな砂時計はどれだけの時間を計れる? »

2008年03月20日

タコやイカはなぜ、足が上の写真がある?

How 'bout a Hug?
CreativeCommons Attribution License, LASZLO ILYES


図鑑などで、タコやイカの仲間が、足が上になった姿で紹介されているのを目にした記憶はありませんでしょうか。タコやイカはどうして足を上にして写される場合があるのでしょうか。その理由とは?



ヒント分類名が即ち理由とも言えるのですが、、





答え:足が頭から生えている(頭足類だ)から。

タコやイカは頭足類とよばれる生物分類に属します。頭足類は、体がおおまかに胴、頭、足に分けられ、胴 - 頭 - 足 の順番で繋がっている生き物です。胴体と頭の関係から頭を上に位置させると、足がその上に来るというわけ。

そこで、他の生き物のように胴より頭を上にすると、頭の上に足がきてしまうわけです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

タグ クラウド

About

2008年03月20日 19:53に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「リポビタンD」は、ベトナムでは・・・?」です。

次の投稿は「世界一大きな砂時計はどれだけの時間を計れる?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。