クイズ++


« 読めるかな?「鼈」 | メイン | 祝い事の「のし」は元々何だった? »

2008年04月15日

雌雄夫婦を表す漢字は?

Couple
CreativeCommons Attribution License, Ville Miettinen


おしどり夫婦、という表現がありますが、オシドリの漢字「鴛鴦」は「鴛」がオス「鴦」がメスの一対になっています。では、以下の熟語で雌雄がセットになっているものは、どれでしょうか?



  1. ほうおう。

  2. きりん。

  3. しゃちほこ。




答え:「ほうおう(鳳凰)」と「きりん(麒麟)」。

鳳凰も麒麟も、中国に由来する想像上の生き物で、それぞれの漢字が雌雄をあらわしています。

「しゃちほこ」は「鯱鉾」と書きますが、「鉾」は武器の一種を意味します。または単体で「鯱」でもシャチホコと読めます。

「翡翠」(カワセミ)も、雌雄一対となっている漢字の一種だと言われることがあります。面白いことにカワセミの雄雌は外見上まったく見分けがつかないくらいソックリなのです。

参照:カワセミ - Weblio 野鳥映像事典

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

タグ クラウド

About

2008年04月15日 21:15に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「読めるかな?「鼈」」です。

次の投稿は「祝い事の「のし」は元々何だった?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。