クイズ++


« ドレッシングの正しい振り方は? | メイン | 2006年、古紙回収率。世界トップの国はどこ? »

2008年04月19日

赤ちゃんが大人より体内の水分が多いわけは?

You won't feel the value of it .. Only when you lose it !
CreativeCommons Attribution License, Turki Al-Fassam


人間の身体のおよそ65パーセントは水分であるといわれています。しかし実は、新生児の場合は身体の75パーセントまでが水分なのだそうです。ではいったい、大人との差は何によるものなのでしょうか?



ヒント何かに似た、野菜。意外と安直?





答え:脂肪の差。

体内の水分、10パーセント、というと、けっこう大変な量になります。何が違うのか? それは、大人になると体内に脂肪が蓄積されるため、体重における水分の比率が下がるという理由だそうです。

参照:水と生命「人間と水」 -サントリー

大人は大人でも、高齢になると、脂肪は落ちますが細胞内の水分が失われていくため、ますます水分の比率は下がっていきます。若い肌はなるほどみずみずしい肌なわけです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

タグ クラウド

About

2008年04月19日 13:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ドレッシングの正しい振り方は?」です。

次の投稿は「2006年、古紙回収率。世界トップの国はどこ?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。