クイズ++


« HONDA「ASIMO」の体重は? | メイン | 「送球」って名のスポーツ? »

2008年05月13日

階段の水平面は「踏面」。垂直面のことは?

hiding
CreativeCommons Attribution License, tobias *


建築用語では、階段を構成する面にそれぞれ名前があります。足で踏む水平面の部分は「踏面」。ふみづらと呼びます。では、垂直法方向の面のことは何と呼ぶでしょうか?



ヒント聞けばなるほど。





答え:蹴上げ。

階段の高さは「蹴上げ」といいます。「けあげ」と読みます。建築基準法では23センチメートル以下であるよう定められています。それ以上だと、まあ危険で昇降しづらくなるでしょうね。

階段の中には、「踏面」がせり出していて「蹴上げ」の下部分がややへこんだ状態になっているものも多くあります。つま先に配慮した構造、これを「蹴込み」と呼ぶそうです。けこみ。なんだか楽しい響きですよね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

タグ クラウド

About

2008年05月13日 20:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「HONDA「ASIMO」の体重は?」です。

次の投稿は「「送球」って名のスポーツ?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。